住宅

安定性バツグンの投資方法|不動産投資信託で得る収益

利点を組み込もう

集合住宅

メリットだけ享受しよう

中古ワンルームマンション投資と上場不動産投資信託への投資を組み合わせれば、不動産投資のデメリットを解消し、メリットだけを享受することができるポートフォリオが出来上がります。中古ワンルームマンション投資の魅力は、借入をすることができるという点です。借入をして運用資産の規模を大きくすれば、収益も大きくなります。うまく借入をコントロールしながら運用をすることで、効率的に資産を殖やしていくことができます。一方、上場不動産投資信託のメリットは流動性の高さです。上場不動産投資信託は株式市場で株式と同様に売買をすることができるので、4営業日後には換金することができます。中古ワンルームマンションを売買する時に比べると圧倒的にスピーディです。

両方に投資をしよう

但し、長期の借入をして上場不動産投資信託を購入するということはできません。借入をして中古ワンルームマンションを買って、一方で手元現金で上場不動産投資信託を買えば、ポートフォリオ全体では、流動性も確保できており、かつ、運用効率も高い資産運用ができていることになるのです。上場不動産投資信託は少額から投資を始めることができるので、ボーナスなど、数十万円程度のまとまったお金が入った時に、少しずつ買っていくとよいです。次に投資するべき中古ワンルームマンションが見つかるまで上場不動産投資信託で運用しておくというのも1つの方法です。性格の異なる投資商品なので、両方に投資をすることでリスク分散の効果を得ることもできます。