住宅

安定性バツグンの投資方法|不動産投資信託で得る収益

少額でも可能な不動産投資

物件紹介

不動産投資のテクニック

不動産投資をするには、マンションやアパートなどの賃貸物件が必要になる。一棟売りマンションやアパートを購入するには大金がかかるので、資金に余裕がある人しか不動産投資をすることは難しい。不動産投資信託であれば少額で不動産投資をすることができ、1万円程度から始めることも可能である。この程度の資金であれば、ごく普通のサラリーマンやOLでも気軽に不動産投資をすることができる。不動産投資信託はREITという名称で呼ばれており、REITは証券会社で取り扱っている。ネット証券であればインターネットでREITを購入することができ、誰でも簡単に不動産投資をすることが可能になる。証券口座の開設費用は無料なので、コストをかけずに不動産投資を始められる。

REITファンドの人気

最近は投資家の間で、REITファンドの人気が高まっている。REITファンドは複数の不動産投資信託を組み合わせたファンドで、分配金利回りが非常に高いことが人気の理由である。REITファンドの中には、分配金利回りが20パーセントを超えるファンドも存在する。低金利の時代にあって大きな収益が期待できるため、REITファンドの人気は拡大している。REITファンドは少額で始められる不動産投資であり、REITファンドで資産運用をしているサラリーマンも多い。REITファンドで退職金を運用している高齢者も増えている。REITファンドなどの不動産投資信託の金融商品は証券会社で販売されている。人気の高い証券会社は、証券会社の口コミサイトのランキングで確認することができる。